読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わちゃ*ˊᵕˋ)੭脱JK『女子大生になっちまうのさぁ〜』

148cmと小さめに構成されてる私 。大人になりきれないLJK。(密かにキャリアウーマンを夢見る!)こんな私にも大学生の春は訪れるかなぁ。

今週のお題「何して遊んだ?」

あれは小学2年生の時。

 

最初に言っとくと、私が当時没頭していたのは校庭の石をひたすら採集すること!!

 

こうなったのにも訳があるんです。。。

 

「〇〇ちゃんあーそぼ!!」

声をかけられるのがすごく嫌だったんです。。。

 

人見知りだからとか人と関わりたくないからとかではなくて

 

ここでみえてくる(|| ゚Д゚)

小学生の裏社会!!!!!!!

 

小学生の頃の私は顔が広くていろんな子と仲が良かったし、それもあって結構たくさんの子から同時に「あそぼ!」って声をかけられることが多かったのかなぁ

 

もちろん、友達沢山いて嬉しくないわけもないし、声をかけてもらえる自分に酔いしれていたよーなwW

 

しかし!!!!!

 

それが、あだとなる事件発生。

 

(いつも)

A「わちゃちゃん、あーそぼ」

B「わちゃちゃん、あーそぼ」

私「うん!」

A&B&私で遊ぶ

 

(いつもと違う!?)

A「わちゃちゃん、あーそぼ」

B「わちゃちゃん、あーそぼ」

私「うん!」

A「え、なんでBちゃんと遊ぶの?私と1番最初に約束したのに!!」

B「わちゃちゃんは私と遊ぶんだよ」

AB「どっちと遊ぶの?ねー!!」

 

この後はもう空気どよーん

時には私の手を引っ張りあったり、時には一人の子が泣き出したり、不機嫌になったもうひとりの子がいなくなって探し出さなきゃいけなかったり、、、

 

小学生の怖い所は遠慮がないところ。。。

3人で遊べばトラブルないのにねー。。。

 

こういうことが続いて小学生ながら胃が重たくなる経験をしました

 

みんなの前ではけっこう明るくてアウトドアな雰囲気の自分を演じていたけど、、、

 

ほんとは、綺麗な石をみつけてぼーっと眺めたり、そういうのをコレクションするのが大好きで1人の時はけっこー地味な事が好きでしたwW

 

よくお土産屋さんにある石の詰め放題とか大好物でしたねー

 

トラブル以来、ふっきれたのか悟りを開いたかのように趣味に没頭

中休み終わったら声をかけられる前にダッシュで校庭へ🏃💨

 

何をしていたかと言うともちろん!!!

 

石の採取🔎

 

ほんと傍からみたらやべぇーやつ

 

みんながドロケイやらおにごっこしている間をかき分けて綺麗な石をみつけるのに没頭していました。

 

私、将来探検家になってみんなの知らない石みつけよ!!とか本気で思ってたし🙄

 

みんな鬼ごっこぐらいでなに夢中になって走ってるの?

 

そんなの楽しくもなんともないんだから!

 

私は未来のために今からこんなにせっせと頑張ってるのよ!

 

ってほんと完全に他とは違うことをしている自分に優越感を感じていましたwW

 

ませきった私は趣味を共に共有してくれる友達を一人見つけて2人で石を採取

 

校庭ってキラキラしていますよね?

 

あれは校庭の石の中に透明な小さい石がまじっていてそれが、光に反射して輝いているんです✨

 

あの石は私にとってはすごくレアでそれをひたすら集める日もありました(ง ´͈౪`͈)ว

 

2年生の1年間ははそーんな感じで石の虜です

 

まぁその反動でドロケイとか羨ましくなっちゃって、ちゃっかり参加してましたけどね

(あんなにちょーしこいてたのに!!!)

 

でも、人と違うことしている自分に酔いしれることってやっぱりありますよね*ˊᵕˋ)੭